アトピーとは?知っておきたい基本情報

アトピーとは、一般的にアトピー性皮膚炎のことを指します。

これは、皮膚が乾燥してしまって本来持っているはずの防御機能が低下し、そこにアレルギー反応を引き起こすアレルゲンとなる物質が刺激を与えることで、炎症を起こしてしまう症状をいいます。

もともとアレルギー体質の人、特に気管支ぜんそくや結膜炎といった何らかの物質に異常に体が反応することによって起こる症状を訴えていた人がなりやすい傾向にあるようです。

また、遺伝的な要素も強く、家族にそのような人がいると発症するケースも見られます。

子どもの頃にアトピーを発症しても、大人になる頃までに治癒してしまう場合も多いですが、一方で大人になってから突然症状が重く出てしまうという人もいます。

それで、症状があるないに関わらず、日ごろから生活リズムや食生活に気を配ることはとても大切です。

そうすることにより、アトピー以外のアレルギーにも対応できる体作りをすることが出来ます。

どういう物質がアトピーを引き起こすのでしょうか?

まず、大きな原因としてはダニがあります。

子どもが大切にしているぬいぐるみ、いつ洗い、いつ天日干ししましたか?

シーツやカバーなど気にして洗っていたとしても、見落としがちなのは子どものおもちゃです。

ぬいぐるみはダニの住処になりかねません。

また、アレルギー反応を引き起こしやすい代表的な食べ物として大豆、小麦などの穀類、牛乳、卵などの乳製品があります。

離乳食を始めたころなら、食が引き起こしているかもしれないことを考慮出来ます。

更に、外的な要素もあります。

夏場暑くて汗をかき、その汗が刺激になって引き起こされる場合もあります。

また、化学繊維などの服の素材が刺激となり引き起こされる場合もあります。

いずれの場合も、何らかの刺激が皮膚に加わることによって発症する可能性がありますので、もしアトピーかも?

と思ったら、何が刺激になっているか見直してみたり、検査してみるのもおすすめです。

アトピーに関して詳しく情報提供してくれているサイトはこちらです。